コラム

COLUMN
居抜き物件の入居申込みの際、融資を受ける方が不利なの?
不動産

居抜き物件や店舗を借りるにあたって、融資を受ける方は、すぐ契約できる資金がある方より不利なの?って質問される事があります。

 

様々なケースがありますが、融資を受けるからといって申込みの競合で不利になる事はありません。

 

ですが、融資を受ける準備不足や、タイムスケジュールを全然把握していない方の申込みは、不利になるケースもあります。

 

居抜き物件の場合、退去予定等もありますから 「融資否決=出店できない」という方の場合、融資をこれから相談に行くが大体のスケジュールはその時に分かるという方と、すぐ契約金を用意できる方とでは、貸主や造作の売主にとっての「リスク」が違います。

 

逆に融資の準備ができており、書類も一式作成してある方で融資スケジュールを把握している方の申込みの場合、事業計画書や資金計画等も見えやすく、貸主への信用へも繋がります。

 

以前の事になりますが、ある物件で「数店舗経営されており、すぐ契約できる資力もある企業様」と、弊社のお客様で「初めての開業で、融資を受ける期間がある為、契約金の全額入金には1ヶ月ほど時間を要する個人事業主様」の申込みの競合がありました。

 

貸主に一緒に申込書提出し、審査して頂いたのですが、結果は初めての開業者の方に借りて頂く事になりました。

 

理由は、個人事業主の方が「信用」ができる申込書だったからとの事です。

 

どの様な事かと申し上げると、貸主様に聞いたところ企業様の方は、申込書に空欄が多くなぐり書きでの記載で、会社のホームページを見ても何にも分からず、一方個人事業主の方は、空欄の無い丁寧に記載してある申込書の他に事業計画書、履歴書並びに経歴書、自分のブログのURL等どの様な方で、どの様な店を営業するのか想像しやすかったからとの事でした。

 

弊社では、日本政策金融公庫で融資を受ける場合のサポートサービスも行っており入居申込書を頂き貸主側に提出する際は、その借り受け希望者様の交渉事項とその必要性、借受希望者の推薦文、融資スケジュールを細かにを記載した「取り纏め依頼書」というものを貸主側に提出します。

 

実際に今月、仕事始め後8日に融資サポートを相談になった方は、昨日に造作譲渡契約、今度の火曜日に賃貸借契約まで進む事が出来ました。

 

特に今回は、居抜き物件の原状回復をして物件を明渡をしなければいけない期限が2月半ばとあった為、売主のリスクにならない様、申込み前に融資が受けられる可能性についてしっかり精査し挑みました。

 

よく居抜きトラブルの相談電話を受ける際、一番多い居抜き物件のドタキャンで多い理由が「融資の非承認」です。

 

ですが、弊社ではその様なことは一度もありません。

 

融資を受ける方が不利になったり、居抜き物件を扱う上で、造作の譲渡人に「リスク」のない仲介を心がけております。

 

要は、申込み時に一番に不利になるのは「準備不足が露見する事」なのです。

 

関連コラム
PAGE TOP